ストア掲載ポリシー

1. 概要

取引会社および出品者は、広告コンソールまたはAmazonセラーセントラルからストアを作成できます。ストアは Amazon のショッピング体験の重要な場所であり、Amazon がストア利用者との信頼関係を損なわないように運営される必要があります。取引会社および出品者は、取引会社または出品者、ストアの内容、ストアの表示領域に適用されるすべての法律や条例などを遵守する責任があります。これには、取引会社および出品者が Amazon で広告を掲載する、またはストアに掲載する商品の販売、流通、または広告に関して、地域の規制当局から必要な承認または許可を得ることが含まれます。また、取引会社および出品者は、Amazon の制限対象商品ガイドライン、ストアに適用される以下のクリエイティブ承認ポリシーおよびガイドラインにも従う必要があります。 Amazonは、理由の如何を問わず、いつでもアカウントを本サービスから削除し、コンテンツやブランドページを予告なく停止、申請の却下もしくは削除することができます。

2.コンテンツの適合性

2.1 一般的なコンテンツのガイドライン

ストアコンテンツは、一貫した高品質のカスタマーエクスペリエンスを提供する必要があります。このセクションのポリシーは、ストア内のすべての商品およびコンテンツに適用されます。ストアは以下の条件を満たす必要があります。

  • 一般ユーザー向けに適切なものであること。
  • 他の会社や製品を過小評価しないこと(例えば「[会社/ブランド/指定商品] よりも良い作り」など)、および他の商品を宣伝するために別の会社名や製品を活用しないこと。
  • ストアが表示されている Amazon サイトの主要言語であること。
  • 正しい文法と句読点を使用していること。

ストアに以下を含めることはできません。

  • Amazon の商標または商品、Amazon の商品またはサービスへの言及
  • アスキーアート。
  • 大人には許容される状況にいる子供または違法行為に関与する子供(次のような状況にいる子供を含むが、これに限定されない)。
  • アルコール、薬物、タバコ製品が近くにある。
  • 子供への暴言や暴行、または銃器を扱う子供、または子供の周辺での発砲や武器など、危険にさらされている状態。
  • E メールまたは Web アドレス、電話番号の一部または全部、ハッシュタグ、ソーシャルメディアのアドレス、QR コードなどの連絡先情報。
  • 破壊行為、反社会的行動、または公共財産/私有財産の損傷を奨励もしくは助長するコンテンツ。
  • ストアが表示される地理的位置で、文化的に不適切とされるコンテンツ。
  • 人種、肌の色、国籍、宗教、障がい、性別、性的指向、年齢、またはその他のカテゴリーを問わず、保護の対象となるグループに対して憎悪を助長する内容、暴力または不寛容を煽り立てる内容、あるいは異議を唱えたり差別したりする内容。
  • お客様に肉体的または精神的な害をもたらす可能性がある行為を促進するコンテンツ。
  • お客様に質問をしたり、直接話しかけたりするコンテンツ(例:「xxx をお探しなら、こちらをお試しください」、「望むような減量の成果が得られませんか?」など)。
  • 喫煙を奨励または美化するコンテンツ。
  • 違法薬物、合法薬物の乱用、薬物関連器具、または薬物検査をごまかすための製品の使用を促進しているコンテンツ。
  • 配慮を要する出来事(自然災害、人的災害、大規模な事件、公的人物の死去など)を悪用するコンテンツ、または物議を醸す、または頻繫に論じられている社会的なトピックを題材とするコンテンツ。
  • 選挙運動、選挙、または公開討論の政治問題に関連して、政治家または政党を支持したり反対したり、あるいは政治家個人を攻撃したりするコンテンツ。
  • 人間や動物に対する残酷な行為。
  • 虚偽や欺瞞に満ちている、または誤解を招くコンテンツ。
  • 「再生」ボタンやログイン要求などの偽の機能。
  • 不快、下品、猥褻、または冒涜的な表現(婉曲的な言い回しや二重の意味をもつ単語の不適切な使用を含む)。
  • スペルミス、句読点の過度な使用、不適切な文法や句読点。
  • 猥褻、名誉毀損、誹謗中傷、違法、他人のプライバシーの侵害。
  • 人によっては不快感をもたらす身体機能または状態、または私的、個人的、または配慮を要する身体的または医学的状態に関する表現。
  • 商品を宣伝するために、他のブランドや商品を過小評価、比較、または利用する方法で、他社の社名や製品に言及する(「[他の商品] より高品質」など)。見出しで他の商品との互換性に言及している場合は、「互換性あり」などの条件を明示した上で、見出しの後半に他社ブランド名または商品名を含める必要があります。
  • 宗教的な立場(宗教を支持する、または非難する)。
  • 配送に関する訴求。
  • 期間限定のプロモーション。

2.2 行動を促す表現(CTA)

  • 画像およびテキスト内の行動を促す表現(以下CTA)は、明確かつ直接的である必要があります。
  • 「こちらをクリック」など、促した行動に対する効果があいまいな表現は使用できません。
  • CTAを含むタイルは商品詳細ページ、商品グリッドまたは別のストアページにリンクしており、かつリンク先の内容に関連している必要があります。使用可能な CTA の例: 「今すぐチェック」、「詳細はこちら」、「もっと見る」「詳細を見る」など
  • CTA は、「ラストチャンス」や「お見逃しなく」など、購入のプレッシャーをかけるような言葉や、感情に訴える言葉は使用できません。

2.3 大文字と小文字の区別

  • すべてのタイトルと説明のテキストは、文頭のみを大文字にすることをおすすめします。
  • 一般的な略称の大文字表記(DIY など)や、登録済みの商品またはブランド名については、大文字で表記できます。
  • 「THIS headline is GREAT」や「ThIs TeXT is GREat」など、大文字と小文字をランダムに組み合わせたコピーは、許可されていません

2.4 訴求と比較表現

ストアで行う広告の訴求は真実かつ正確でなければなりません。広告の訴求には具体的かつ客観的な裏付けとなる証拠が必要です。

  • ストアでブランドに関する訴求を行う場合は、その訴求を裏付ける日付と証拠とともに、ストア内でその訴求を立証する必要があります。
  • 商品に関して訴求を行う場合は、どの商品に適用されるかを明確にし、それらの商品をストア内の訴求に隣接して配置する必要があります。実証は、商品詳細ページまたは関連商品の商品パッケージで確認できる必要があります。

実証が必要な訴求の例は以下のとおりです。

  • 表彰および受賞: 受賞した日付や賞を付与した団体名などの詳細情報による裏付けがあり、18 か月未満である必要があります。
  • 調査結果: 消費者アンケートの結果に関する訴求は、主観的な意見を収集した調査だとしても実証が必要です。たとえば、「33% の人が XXX を高評価」と記載する場合、引用した調査の出典と日付を明記する必要があります(「*US Surveys Ltd、2019 年 1 月」など)。
  • 数値化されたパフォーマンス: 客観的な測定調査が行われたことをカスタマーに示唆する訴求。たとえば、「シワを 99% 減らす」、「歯の白さが 3 レベルもアップ」、「最高の保湿クリーム」など。
  • 比較: 出典および第三者機関による過去 12 ~ 18 か月以内の調査データが必要となります。たとえば、「アメリカ最高の帽子、Hat Makers 誌 2019 年」。 競合他社ブランドと直接比較することはできません。

地域固有の要件 **ーストラリア:**

  • 商品は、病気、慢性の病気、体調、不快感、欠陥、傷害、心理的な状態に関連する治療上または健康上の訴求を行ってはいけません。
  • SPF が 50 未満の日焼け防止係数(SPF)クリームは、「高」(または同様の)保護であると訴求してはいけません。また、主な目的が日焼け止めではない商品は、日焼け止め商品であると訴求してはいけません。
  • サプリメント、食品、クリームおよび他の消耗品または局所商品は、減量、痩身またはダイエットを補助する、またはそれらに影響を与えると訴求することはできません。

2.4.1 保証表現

ストアは、適用される制限を含め、保証が明確に記載されている必要があります。保証表現に対する責任を負う当事者についても、ストアおよび該当する製品の商品詳細ページに記載している必要があります。

2.5 フェイク表現

フェイク表現は、カスタマーの誤解を招いてストアの非アクティブな要素がアクティブであり、何らかの価値をもたらすと信じ込ませることで、広告をクリックさせる場合があります。たとえば、CTA ボタンを使用したクリック不可能なタイルは禁止されています。

2.6 特殊文字

  • 英数字のみを使用できます。
  • 省略記号を過度に使用することは禁止されています。1テキストブロックあたり 3 個以下にすることをお勧めします。
  • 顔文字は許可されていますが、繰り返しや過度の使用は避けてください。

2.7 テキスト

テキストは、画像の背景と対比させて判読できる必要があります。テキストのサイズについては、ヒーロー画像、画像ギャラリー、特大サイズ(フルワイド)の画像タイルの場合、高さは最小 32 ピクセル、その他の画像タイルの場合、高さは 16 ピクセルです。

3.ストアの機能

以下のセクションでは、ストアの機能の使用に関するガイドラインについて説明します。

3.1 インタラクティブ画像

インタラクティブ画像では、広告主が画像にインタラクティブなポイントを追加し、画像に表示された商品に関する追加情報を提供できます。優れたカスタマーエクスペリエンスを確保するため、以下のようなポイントは認められません。

  • ロゴやテキストなど、基になる画像の重要な要素をクラスター化したり不明瞭にしたりする。
  • 画像の端など、分かりにくい位置に配置する。
  • 画像の禁止されている要素を隠すために使用する。
  • CTA を複製するために使用する。

3.2 テキストオーバーレイ付き画像

テキストオーバーレイ付きの画像では、広告主が基になる画像の上にテキストを追加することができます。 優れたカスタマーエクスペリエンスを確保するため、オーバーレイのセクションでは、基になる画像や動画の重要な要素(テキスト、ロゴ、商品など)を隠さないようにします。

3.3 プロモーションとセール

プロモーションメッセージは、プロモーションウィジェットと一緒に使用する場合にのみ許可されます。プロモーションメッセージは次の条件を満たす必要があります。

  • 以下のような一般的なプロモーションの表現のみを使用すること。
  • 割引をチェック。
  • 割引を見る。
  • [商品名またはブランド名]の割引。
  • 以下を使用しないこと:
  • 緊急性を示唆する言葉やフレーズ。たとえば、「本日限り」または「最後のチャンス」
  • 特定の価格設定または割引率への言及(「2,000円割引」または「5%オフ」など)。
  • 感嘆符(ブランド名の一部である場合を除く)。

プロモーションウィジェットは、ストア内のタイムセールを表示する目的で使用する必要があります。タイムセールと関連性のないメッセージや商品を含むストアページの一部として、プロモーションウィジェットがストア内にある場合:

  • プロモーションメッセージは、ウィジェットのすぐ上または隣にある、テキストまたは画像タイルでのみ使用できます。
  • ストアページのタイトルには、「セール」、「割引」、「タイムセール」、またはプロモーションを示唆する表現は使用できません。

ストアまたはページがタイムセールのプロモーション専用に作成されている場合は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 適切なタイトルをつける必要があります。たとえば、「セール」、「割引」、「タイムセール」、またはプロモーションを示唆する表現。
  • ページの最初の商品選択タイルとして、プロモーションウィジェットを含めます。
  • ページに他の商品選択タイルも含まれている場合は、セール対象商品と明確に区別し、セール対象商品ではないことをお客様に明確に示す必要があります。

3.4 ページとタイル

  • ストア内の各ページには、商品詳細ページやストア内の別のページへの、クリック可能なリンクが設定されている必要があります。また、カスタマーに同じ操作を繰り返させるといったエクスペリエンスを提供してはいけません。
  • 空のタイルまたは元のデフォルトのテキスト「テキストはここへ移動」を含むタイルは許可されません。

3.5 スケジュール設定

スケジュール設定により、広告主は新しいストアまたは既存ストアの別バージョンの開始日を選択できます。スケジュールを設定してイベントを訴求する場合は、以下の条件が適用されます。

  • 1 日だけの季節イベント(ハロウィンやバレンタインなど): イベントの 6 週間前から開始でき、イベント日から 24~48 時間以内に削除または更新する必要があります。
  • セールイベント(ブラックフライデー、サイバーマンデーなど): イベントの 7 日前から開始でき、イベント日から 24 時間以内に削除または更新する必要があります。ただし、そのイベントが長く続く場合を除きます(サイバーウィークなど)。
  • 複数日にわたる季節イベント(クリスマスなど): イベントの 8 週間前から開始でき、イベント日から妥当な期間内に削除または更新する必要があります(通常 1 週間以内に削除または更新するする必要があります)。

4.画像と動画の適合性

このセクションでは、セクション 2 のコンテンツの適合性に関するガイドラインに加えて、ストア内のすべての画像および動画コンテンツに関する追加のガイドラインについて説明します。

4.1 画像と動画の一般的なガイドライン

画像と動画は以下の条件を満たす必要があります。

  • 高解像度で、選択したタイルの最小仕様を満たしている必要があります。
  • ピクセル化、明らな歪み、または引き伸ばされていないこと。

動画:

  • 正しく再生でき、商品とストアとの関連性が高くなければならない。
  • 5 分を超えてはならない。

地域固有の要件

  • 著作権等管理事業者の管理する知的財産: JASRACを含む、著作権等管理事業者の管理楽曲、その楽譜、および/または歌詞は禁止されています。万一本規定に違反して著作権管理団体の楽曲が利用され、Amazonに使用料等が発生した場合には、Amazon.co.jpは当該掲載を行った広告主・広告代理店に対してこれにより発生した料金・費用等を求償できるものとします。

4.2 ブランドロゴのガイドライン

ストアには必ずブランドロゴを含め、カスタマーが広告主を識別できるようにします。ブランドロゴはさまざまな広告フォーマットで使用される場合があるため、以下のガイドラインを満たす必要があります。 ロゴは、宣伝するブランドのロゴを使用する法的権利を有していない限り、宣伝するブランドのロゴではなく、自身のブランドの登録ロゴでなければなりません。ブランドロゴは以下の要件を満たす必要があります。

  • ロゴが画像全体を占めているか、白または透明の背景を使用している
  • 宣伝するブランドまたは商品を正確に反映している。

ブランドロゴは、複雑なグラフィック背景上にあってはならず、見た目が魅力的である必要があります。以下のようなロゴは許可されていません。

  • 商品画像、ASIN 画像(トリミングしたバージョンを含む)、ライフスタイル画像またはその組み合わせである。
  • ヒーロー画像の拡張として使用したり、追加のテキストが含まれる。
  • ロゴの組み合わせ。
  • ごちゃごちゃした、雑然とした要素が含まれる。

エンターテインメントや本の広告主の場合も、以下の画像が商品パッケージ、商品詳細ページ、著者ページに掲載されていれば使用できます。

  • 専用ストアにおける作家、俳優、関連キャラクターの画像。
  • 商品のテーマと同義のアイコン(例: スパイダーマンの映画のストアの場合、クモの巣など)。
  • 本、映画、テレビシリーズの広告でも、専用ストアであれば作品のシリーズのタイトルを使用できます。

4.3 画像と動画のクリエイティブガイドライン

  • ストアは、デスクトップおよびモバイルのプレビューで表示して、画像の重要な要素を覆い隠すようなかたちで画像がトリミングされないようにする必要があります。
  • ヒーロー画像には、雑然としている、または重複した要素を含めないでください。
  • ブランドロゴは、商品画像やその他の重要なヒーロー画像のコンテンツと重ならないようにしてください。
  • テキストオーバーレイタイルのコンテンツは、基になる画像のテキストや、基になる画像のその他の重要な要素を隠してはいけません。

4.3.1 アダルト商品の画像ガイドライン

  • 画像と動画に、次のいずれかを含めることはできません。
  • 手、棒、星、または他のグラフィックで隠された局部(性器、胸、お尻など)を含むヌード。
  • 身体の局部が衣類で覆われていないもの。
  • 人の性器を表現したもの(性器をかたどった包装を含む)。
  • 男性または女性の性器の輪郭(性的に挑発的でなければ許容されます)。
  • 冒涜的表現(隠語を使用したものを含む)。
  • 子どもの画像または子どもを表現した大人のモデル。
  • 商品を使用している場面(動画における使用方法の説明など)。人が実際に使用している画像、マネキンを使用したもの、漫画、または他の手段によるものを含む。
  • 過激な表現でなければ、商品の言葉による説明や抽象的なイラストは許容されます。
  • 過度に刺激的でわいせつな内容または挑発的な内容。
  • 性的な行為や体位。
  • 性的に挑発的なポーズまたはジェスチャー。
  • 過激なまたは暴力的なコンテンツ。

4.3.2 悲惨な表現を含む画像のガイドライン

苦しんでいる人間や動物などの実際のまたは暗示的な虐待、拷問の場面、性的いたずら、実際のまたは暗示的な強姦などの画像は禁止されています。

4.3.3 エンターテインメント予告編ガイドライン

商品のコンテンツレイティングは、トレーラーの開始前に表示する必要があります。Amazon では、レッドバンドまたは年齢制限付きの予告、NC-17 指定の映画、AO 区分(またはローカル同等)のビデオゲームの公開を許可していません。レイティングがない場合、動画は家族の視聴者に適している必要があります。

4.3.4 アパレル画像に関するガイドライン

  • 露骨に性的またはわいせつな服装、ランジェリー、水着の画像や動画は、掲載できません。露骨に性的またはわいせつであるかどうかは、Amazonの独自の裁量に基づいて判断されます。また、このカテゴリーの商品の画像は、以下の規則に従う必要があります。
  • 着衣の有無にかかわらず、人間のモデルがわいせつ表現または過度に性的な表現と解釈されうるポーズをとっている画像および動画は掲載できません。
  • 胸、性器、臀部などが完全に露出している画像および動画は掲載できません。
  • 人間のモデルが薄手または不透明な商品を身につけている画像および動画は、性器や胸部を露出したり、過度に性的または挑発的な方法で提示したりしていないという条件を満たす場合に限り、掲載が許可されることがあります。体の露出部分を隠すために黒線やその他の画像処理を施した画像は使用できません。
  • Tバックやショーツを取り扱う場合、メインの商品画像または動画には前面の画像を使用する必要があります。
  • 前面および背面全体を覆わないTバックやショーツの画像または動画を掲載するときは、人間のモデルを使用してはなりません。肌の露出部分をぼかす手法は認められません。
  • や動画は使用できません。肌の露出部分にぼかしを入れることは認められていません。

4.3.5 性的な画像のガイドライン

画像と動画には以下を含めることはできません。

  • 開脚、髪の毛をつかむ行為、臀部の強調などの性的に挑発的なポーズや性的ニュアンスを示す顔の表情。
  • 胸や臀部など身体の特定な部位に性的な方法で過度の注意を引く画像。
  • 未成年者の性的状況の描写。
  • ブラジャーのストラップや下着を下ろすなど、挑発的な脱衣の画像。
  • ストッキング、サスペンダー、鞭や鎖のような道具など、セクシーなランジェリーを着用または使用したモデル。
  • 挑発的な抱擁、またはシャワーやベッドの上などの挑発的な環境での抱擁。

4.3.6 暴力的な画像のガイドライン

過度の暴力や残虐行為、たとえばキャラクターに無数の開いた傷がある、武器で攻撃されている、体の切断、生々しい死体などの描写は禁じられています。エンターテインメントやビデオトレーラーでは、暴力や開いた傷のない場面での血の表現が許容される場合がありますのでご注意ください。

4.3.7 武器の画像ガイドライン

以下のような武器の画像(現実的または非現実的な銃器、剣、弓、矢などを含む)は許可されません:

  • 他のキャラクターを傷つけるなど、暴力的または脅迫的な方法で表現されている。
  • 残忍な方法で表現されている(血で覆われているなど)。
  • キャラクターに狙いを定めている。
  • カスタマーに向けられている。
  • 未成年者が所持している、または未成年者に関連付けられている。
  • 発砲しているシーン(たとえば、銃から発射されている弾丸、銃身の周りの煙や燃え殻)。

5.商品の適合性

すべての商品は、一般ユーザーに適しており、ストアが表示される地域に適している必要があります。以下の種類の商品は、世界中のストアで禁止されています。

  • アダルト商品: ポルノまたは関連するコンテンツ。許可されるアダルト商品の詳細については、「2. 制限対象商品」を参照ください。
  • 美容とパーソナルケア:生まれつきの身体的特性を永久かつ物理的に変えると訴求する商品は禁止されています。
  • コンテストと懸賞
  • 薬物検査キット
  • 病気診断キット
  • デジタルおよびコンピュータハッキングに関するサービスと商品
  • エッチングクリーム、その他の苛性のクリーム、ゲル、液体、または溶液
  • 偽造書類サービス
  • エフェドリンアルカロイド、サルビアジビノラムまたはサルビノリンAを含む食品およびサプリメント。
  • 射幸心を煽るような商品
  • グラフィティ関連の塗料、マーカー、クリーム、ノズル、リフィル、ハウツー動画およびその他のコンテンツ
  • 違法ドラッグや脱法ドラッグおよび薬物関連の道具
  • 医療従事者向けに販売されている医療機器
  • 亜酸化窒素のキャニスターと充電器
  • 処方箋医薬品と医療機器
  • 性別予測検査キット
  • 病気や依存症の診断、矯正、緩和、治療、あるいは予防を訴求する商品
  • プライバシー侵害の用途で作られた商品(スパイカメラなど)、または法執行を回避するために作られた商品(警察無線スキャナなど)
  • 人種、肌の色、国籍、宗教、障がい、性別、性的嗜好、年齢、またはその他のカテゴリーを問わず、保護の対象となるグループに対して憎悪を助長する内容、暴力または不寛容を煽り立てる内容、あるいは異議を唱えたり差別したりする商品または内容
  • ギャンブルサービスに関連した商品
  • 知的財産権または個人の権利を侵害する、侵害を奨励する、または侵害を可能にする商品
  • 卑俗または下品な商品またはコンテンツ
  • 花火など、疑わしい、または潜在的に危険な活動に使用される可能性がある商品
  • タトゥーやボディアートに関する商品
  • ニコチンを含む商品、巻きタバコ、電子タバコ、および類似商品(ニコチンを含まない同等物)を含む、タバコおよびその他の喫煙商品とアクセサリー
  • UVライトなどによる日焼けサービスおよび器具
  • 武器には以下が含まれます(詳細なリストについては、爆薬、武器、関連商品を参照してください)。
  • 弾薬またはリロード弾
  • 対人殺傷用武器のパーツまたはアクセサリー、あるいは対人殺傷用武器のパーツまたはアクセサリーとして販売される商品(さまざまな対人殺傷用武器モデルへの言及を含む)
  • 破壊的で爆発的な性質を持つ装置(花火など)
  • 拳銃の安全性証明書
  • ピストル、リボルバー、またはあらゆる形態の銃器
  • 現実的または実際の武器、武器部品、弾薬に似た商品、または弾薬を含む商品
  • 法執行または軍事目的での利用のみを目的とした武器またはその他のアイテム

6.商品の制限事項

本セクションでは、上記のコンテンツおよび画像の適合性に関するガイドラインに加えて、その他の商品固有のガイドラインについて説明します。

6.1 アダルト商品

  • アダルト商品のストアでは、アダルト商品のみを掲載できます。それ以外の商品を扱うことは一切できません。同様に、アダルト商品以外のストアでは、アダルト商品を扱うことは一切できません。
  • アダルト商品のストアでのみ取り扱えるアダルト商品は以下の通りです(このリストは、すべての商品を網羅しているわけではありません)。
  • 性的能力を高める器具、および性的能力を高めるために使用されるその他のサプリメントなど。
  • 性的な意図が明らかなアダルトランジェリー(メッシュの下着など)。
  • アダルトゲーム、書籍、コスチューム、ジョークブックなど。
  • リアルではないデザイン、または一般的なデザインのアダルトグッズ(リアルなデザインや生々しいデザインは許可されていません)。
  • 潤滑剤。
  • マッサージオイル、クリーム、キャンドル、ボディペイントおよびパウダー。
  • アダルト用の備品(性的にあからさまな付属品やクッション、台座を含まない)、ポール。
  • アダルト商品ストアは、以下の要件を満たす必要があります。
  • 露骨またはわいせつなコンテンツが含まれていないこと。
  • (商品タイトルなどに)過度に性的な言及、冒涜的な表現、またはきわどい表現が含まれていない。
  • ストア内のすべてのページのヒーロー画像に、ストアのブランドロゴまたは名前を記載している(ロゴマークまたはテキスト)。
  • ストア内のすべてのページのヒーロー画像に「成人向け」の記載が含まれている。
  • ストアの各ページを、アダルト商品の1つのカテゴリー、または関連性が高いアダルト商品に限定している。
  • アダルト商品を含むアダルト関連ストアは、商品を個別の適切なラベル付きサブページに表示する必要があります。サブページには、ヒーロー画像に「成人向け」というメッセージが含まれている必要があります。
  • 詳細については、セクション 3(画像と動画の適合性ガイドライン)を参照してください。

地域固有の要件

  • 日本: アダルト商品のストアは禁止されています

6.2 アートワークとアート & 産業用品

6.2.1 アートワーク

大人向けのアートワーク(ヌードアートなど)は、以下の場合に許可されます。

  • 猥褻な内容、露骨なジェスチャー、性的なジェスチャーを含まない。
  • ストア内の他のアートワークとは分けて、適切なタイトルのページに掲載されている。

6.2.2 アートと産業用品

Amazon では、家庭、産業、自動車、アート関連での使用のみを目的とし、またマーケティングされているアート・産業用品のストアを許可しています。商品は、公共財産/私有財産の損傷、破壊行為、反社会的行動を奨励もしくは助長するものであってはなりません。以下の商品をストアで扱うことは禁止されています。

  • グラフィティ関連の、塗料、マーカー、クリーム、ノズル、リフィル、ハウツー動画およびその他のコンテンツ。
  • エッチングクリーム。
  • 苛性のクリーム、ゲル、液体、または同様の溶液。

6.3 アルコールと関連商品

6.3.1 一般的なガイドライン

  • 画像、動画、テキストでは、責任ある飲酒を推進する必要があり、以下に該当しないこと:
  • アルコールが健康維持に役立ったり、他の利点があること(例えば、アルコールがパフォーマンスを向上させる、成功に貢献する、または問題を解決するなど)、または物質や装置の使用が病気や体の不調、傷の予防、診断、治療、症状の軽減、生理的作用に影響を及ぼす、抑制する、または変化させることを示唆または暗示している。
  • 積極的に飲酒を行う人物が描写されている。
  • 25 歳未満のように見える成人を含んでいる。
  • 未成年者向けの、または未成年者にアピールするような画像やコンテンツが含まれている。
  • 飲酒が自動車、運転、または機械の操作と関連付けられている。
  • 断酒や禁酒を非難する。
  • 無責任に飲酒を奨励する。
  • 過度の消費を促進する。
  • 飲料のアルコール度数を売りにする。
  • 妊娠、出産または子育てと関連付けられている。

6.3.2 アルコール飲料と商品

  • 上記の一般的なガイドラインに加えて、アルコール飲料と商品ストアは以下のガイドラインに従う必要があります。
  • ストア内のすべてのページに、広告主のブランドロゴ(ヒーロー画像での使用を許可されているもの)が掲載されていること。
  • ストアでは、アルコールとノンアルコール関連商品を組み合わせて掲載しないこと。

地域固有の要件

  • ドイツ、イタリア、スペイン: 画像、動画、テキストをスポーツと関連付けていないこと。
  • フランス: ストアには、関連するアルコール免責事項が含まれている必要があります。
  • メキシコ:
  • アルコール度数が 55% 以上の商品は禁止されています。
  • ヒーロー画像には、以下のいずれかの開示が含まれている必要があります。 「Evite el exceso」、「Conocer es no excederse」、または「Todo con medida」
  • アルコール飲料ストアは、カナダ、日本、インド、米国では禁止されています。
  • 日本:広告には必須の法的免責事項を含める必要があります。

6.3.3 飲酒検知器

上記の一般的なアルコールガイドラインに加えて、このカテゴリーの商品は、より安全な方法でアルコールを摂取するのに役立つことを示唆してはなりません。

6.3.4 二日酔い対策

上記の一般的なアルコールガイドラインに加えて、このカテゴリーの商品は、「二日酔いを治す」などの薬効を訴求したり、含まれる成分がそうすると訴求したりしてはなりません。

6.4 美容製品

このカテゴリーの商品では、以下のことが禁止されています。

  • 通常の身体機能や状態を恒久的に変化させると訴求する。
  • 個人的なまたはデリケートな身体の状態への直接的な言及。
  • 「見た目が気になるなら、これを試してみて」など、 カスタマーに直接話しかける。
  • 病気、慢性的な疾患、体調、不快感、欠陥、傷害、心理的な状態に関連する治療上または健康上の訴求を行う。

地域固有の要件

  • オーストラリア: 商品について健康上または治療上の訴求を行ってはならず、保湿やアンチエイジングなど、商品が身体に及ぼす影響を表記してはなりません。

6.5 お子様の安全

子ども向けの商品では、安全でない使い方を示してはなりません。たとえば、子ども向けプールなど、間違った使い方をすると子どもに危険が及ぶ可能性がある商品の場合は、大人の監督の下で使用する商品である旨を明示する必要があります。

6.6 ヘンプ

ヘンプを原料とした商品を販売するストアは、マリファナや大麻の画像を使用するなど、違法薬物の使用と関連付けられる、あるいはそれを奨励するものであってはなりません。 地域固有の要件

  • インド: 消費用のヘンプ商品は禁止されています。

6.7 乳児用粉ミルクおよびフォローアップミルク

乳児用粉ミルクおよびフォローアップミルクのストアは、母乳育児に反対するメッセージや、母乳育児の代わりとなると訴求するメッセージを含めることはできません。

地域固有の要件

  • 米国およびカナダ: 乳児用粉ミルクは米国とカナダでのみ許可されています。
  • インド: 乳幼児粉ミルクおよびフォローアップミルクは禁止されています。また、乳児用哺乳瓶などの授乳用品も禁止されています。

6.8 ナイフ

主な使用目的または販促方法が、戦闘または軍事的使用、自己防衛、または暴力行為を奨励するナイフは禁止されています。たとえば、ゾンビナイフ、戦闘ナイフ、アサルトナイフ、投げナイフ、ダガーナイフ、ブーツナイフ、スプリングアシストナイフ、短剣やファイティングナイフ、グラビティナイフ、銃剣、ドロップポイントナイフ(メキシコのみ)剣、自己防衛ナイフ、手裏剣などです。

地域固有の要件 英国、日本、中国、インドではキッチンナイフ、カトラリー、シルバーウェアのみが許可されています。

6.9 医薬品、市販薬(OTC医薬品)およびサプリメント

このカテゴリーの商品では、以下のことが禁止されています。

  • 病気や依存症を診断、治療、緩和、手当てする、あるいは予防すると訴求すること。
  • 商品の効能に関する非現実的または無関係の訴求をすること。
  • カスタマーが医療有資格者へ相談、受診しないように促すこと。

地域固有の要件

  • メキシコ: 医学的状態または商品自体を記載したテキストは使用できません。テキストには、ブランド、製品名、CTA のみを含めることができます。
  • オーストラリア: 薬用サプリメントや器具、食品サプリメント、減量製品は禁止されています。
  • 日本:
  • 医薬品を含むストアでは、行動を促す表現(CTA)を含めることはできません。
  • ストア内で商品をカートに追加できるウィジェットは、医薬品では禁止されています。
  • ストア内の商品には、商品名と医薬品の区分表示を含める必要があります。医薬部外品は、ストア内で明確に識別される必要があります。

6.9.1 家庭用検査キット

Amazon では、病気、健康状態、疾病を診断、治療すること、あるいはそれらのリスクを評価することを訴求しない家庭用検査キット商品について、ストアでの取り扱いを許可しています。広告が表示されるすべての地域で、適用される地域の規制に準拠した商品のみを宣伝できます。取引会社および出品者は、必要に応じて、Amazon に広告を掲載する商品の販売、流通、宣伝に関して、現地の規制当局から必要なすべての承認または許可を取得する責任を負っています。許可される商品には、糖尿病および血糖値測定キット、血圧計、家系/DNA/個人遺伝子プロファイリングキット、尿検査キット、穿刺器具(医療用のみ)、妊娠検査または受胎能検査キットが含まれますが、これらに限定されません。これらの商品カテゴリーは、以下を含む地域固有の要件に従います。 地域固有の要件

  • フランスでは、家系/DNA/遺伝子プロファイリングの検査キットの取り扱いは許可されていません。
  • 日本では、家庭用検査キットに制限が適用されます。

6.9.2 医療

  • 処方箋を必要としない健康や美容関連商品は、処方箋を必要とする製品と同じくらい効果的であると訴求することはできません。

6.9.3 ダイエット

コンテンツは、「太りすぎではないですか?」などカスタマーに直接話しかけてはなりません。また、非現実的または過度な訴求をしてはいけません(以下を含むがこれらに限定されない)。

  • カロリー制御の食事や運動プログラムに従わずに商品を使用するだけで、カスタマーは体重を減らすことができる。
  • すべての人に効果がある、またはその結果は恒久的である。
  • 定義された期間内に特定の値を減量できる。
  • カスタマーが何をどのくらい食べても、大幅に減量できる。
  • カスタマーが身体に商品を着用したり、皮膚にこすったりして体重を減らすことができる。

地域固有の要件

  • メキシコ: メキシコでは、減量、体重増加、筋肉増強、およびこれに類する商品は禁じられています。
  • オーストラリア: ダイエット食品、サプリメント、デリケートゾーンクリーム、減量または痩身に関連する訴求は禁止されています。
  • 日本**:** 健康に関する訴求を行う食品やサプリメントには、製品のパッケージに適切なラベル(特定保険用食品(トクホ)など)と説明が必要です。

6.10 政治的な商品

政治運動、選挙、または公開討論の政治問題に関連して、政治家や政党を擁護する、または政治的な人物を個人的に攻撃するコンテンツや商品は掲載できません。

6.11 アダルト関連商品

ストアが以下の要件を満たしている場合、アダルト関連商品の宣伝は許可されています。

  • 精力向上や性欲増進に関連する訴求を商品に含めることはできません。
  • 商品は、私的、個人的、またはデリケートな身体的 / 医学的状態や、デリケートな身体的機能または状態に明示的に言及することはできません。

アダルト関連商品は、性的でないウェルネス商品と混合してはいけません。関連性のない複数の商品を販売する可能性のある広告主は、ストア内の適切なタイトルのサブページ(「アダルト関連」など)に、アダルト関連商品を配置する必要があります。

6.12 スポーツおよびアウトドア用品

以下に該当する、スポーツ & アウトドア用品のストアは許可されていません。

  • 健康と安全への配慮や責任を弱めようとする。
  • 暴力的または反社会的な行動を容認または推奨する。
  • カスタマーに誤解を与える。たとえば、適切な注意や予防措置を講じないと安全でないと一般に見なされる商品を、安全な商品として提示するなど。

6.12.1 画像のガイドライン

上記のコンテンツおよび画像の適合性ガイドラインに加えて、武器または武器付属品の画像を含むスポーツおよびアウトドア商品のストアは、以下の条件を満たす必要があります。

  • 武器自体ではなく武器のアクセサリーに焦点を当てる。
  • 武器を使用している、または使用しようとしている様子を表現しない(たとえば、銃のホルスターの広告では、引き抜いた銃や引き抜こうとしている銃を示すことはできません)。
  • 主要商品に無関係、または余分な商品やアクセサリーを含んでいない。たとえば、銃のホルスターの商品では戦闘用ナイフを目立たせることはできません。

6.12.2 商品の適合性

以下の製品をストアで許可しています。

  • マスクや手袋などのエアソフトアクセサリー。
  • アローレスト、矢羽、弓弦。
  • 双眼鏡、単眼鏡、ナイトビジョン単眼鏡。
  • デコイ。
  • 懐中電灯。
  • 狩猟用カメラとトレイルカメラ。
  • 手持ちスポッティングスコープ。
  • ペイントボールマスク、ヘッドギア、保護ゴーグル。
  • 距離測定器。
  • 標的。
  • 貯蔵容器や金庫などの弾薬保管商品。
  • EDC/多機能/タクティカルペン。
  • 銃のクリーニングキット。
  • 銃のホルスター。
  • 銃保管庫。
  • タクティカルケース、バッグ、パラコード。

地域固有の要件 メキシコ、日本、インド、中国では武器や武器アクセサリーはすべて禁止されています。以下の製品は米国でのみ許可されています。

  • エアソフト武器および弾薬。
  • アローヘッド。
  • BB 銃および BB 弾。
  • 弓と矢。
  • クロスボウ。
  • 銃を置くための器具および銃を固定するためのバッグ。
  • 銃用スリング。
  • レーザー、テレスコープ型および非テレスコープ型、固定式照準器。
  • ペイントボールガンおよびペイントボール弾。
  • 催涙スプレー。
  • 狩猟用ステッキ。
  • スリングショット(ぱちんこ)。
  • スタンガン。
  • テイザー銃。

7.Amazon ブランディング

7.1 Amazonの商標、商品、サービス

ストアでは、Amazon のロゴ、および Amazon の商品やサービスへの言及は禁止されています。これには、次のものが含まれます。

  • Amazon のロゴ。
  • Amazon の UI 要素(「カートに入れる」ボタンやこれらを模倣する要素など)。
  • 「Amazon でナンバーワンのストア」、「Amazon で当社セレクションをお買い物」、「サングラスのAmazon ストア」などの Amazon への言及。
  • Amazon の動的なカスタマーレビュー、ランキング、価格、割引率。ただし、商品詳細ページから動的にリンクされている場合を除く。
  • Kindle Unlimited などの Amazon プログラムへの言及(例外については、下記の「プログラムの参加資格」をご覧ください)。
  • Alexa の互換性。
  • 「Works with Alexa」などの互換性を目的とした Amazon 商品の正確な参照は許可されます。ただし、主要商品が見出しまたは画像の最初に配置され、Amazon 商品が正しく参照されている場合に限ります。

プログラムの参加資格 ストアで「Amazon 定期おトク便」または「Amazon パントリー」に言及して対象商品を強調する場合、これらのプログラムに関連付けられている正しい名称またはロゴを使用する必要があります。カスタマイズまたは簡略化された参照やロゴは許可されていません。 該当する商品専用のストアまたはページを作成する場合は、商品グリッドまたは商品詳細ショーケース(商品の詳細を含む全幅の商品タイル)にのみ商品を追加する必要があります。専用のストアまたはページに表示されるすべての商品が、関連するプログラムに登録されていることを確認することは、広告主の責任です。 ストア内のこれらのプログラムに関するその他の言及はすべて、対象商品のみを含むストアページ、対象商品のみを含む他のランディングページ、またはAmazonの関連プログラムのホームページにアクセスする必要があります。

7.2カスタマーレビュー

  • サードパーティのカスタマーレビュー、星の数、または Amazon カスタマーレビューと混同される可能性のあるその他の要素は許可されていません。
  • スペルや文法の誤りの修正など、Amazon カスタマーレビューには変更を加えることはできません。スペルミスや文法上の重大な誤りがあるレビューは避ける必要があります。
  • カスタマーレビューの不要な部分を省略するには、前後にスペースを入れずに省略記号(「…」)を使用します。また、省略によってレビューの意味が変わらないようにしてください。
  • カスタマーレビューで使用できる省略記号は最大 3 つです。1 つはレビューの先頭、1 つは中間、1 つは末尾です。
  • Amazon カスタマーレビューにカスタマー名を含めることはできません。
  • Amazon カスタマーレビューは、関連する商品詳細ページで確認できる必要があります。

ロケール固有の制限 日本:カスタマーレビューは禁止されています